ファルステボ・ホースショー2022 開催案内/2022年7月14日(木)~7月17日(日)

FEIネーションズカップ

[ファルステボ・ホースショー2022/CSIO5* Falsterbo]

現地時間7月14日(木)~7月17日(日)の4日間にわたり、ファルステボ・ホースショー2022(開催地:スウェーデン/ファルステボ)が開催される。CSIO5*クラスの実施競技と出場選手は以下の通り。大会2日目に行われるFEIジャンピング・ネーションズカップ・スウェーデン大会には、イギリス・イタリア・オランダ・スイス・スウェーデン・デンマーク・ノルウェー・ベルギーの8チームが出場する。

また、今大会には、世界ランク2位のヘンリク・フォン・エッカーマン(スウェーデン)、同ランク3位で2020東京五輪・2016リオデジャネイロ五輪個人銀メダリスト、LGCT2021チャンピオンのペダー・フレデリクソン(スウェーデン)、11位でLGCT2017チャンピオンのハリー・スモルダーズ(オランダ)ら、世界のトップ20に名を連ねるライダーが3名参戦。

さらに、2012ロンドン五輪個人金メダリスト、FEIジャンピング・ワールドカップ・ファイナル2015・2016・2019チャンピオンのスティーヴ・ゲルダ(スイス)、FEIヨーロッパ選手権2021個人金メダリストのアンドレ・ティエメ(ドイツ)、LGCT2015チャンピオンのロルフ・ヨーラン・ベントソン(スウェーデン)も出場を予定している。

実施競技

7/14
ケルフリ賞
標準障害飛越競技238.2.1/145cm 総賞金86,000スウェーデン・クローナ(約111万円)
ロンジングランプリ・クオリファイ
標準障害飛越競技238.2.1/150cm 総賞金250,000スウェーデン・クローナ(約325万円)
7/15
スティフテルセン・ファルステボ・ホースショー賞
標準障害飛越競技238.2.1/145cm 総賞金86,000スウェーデン・クローナ(約111万円)
アグリアトロフィー
標準障害飛越競技238.2.1/145cm 総賞金86,000スウェーデン・クローナ(約111万円)
FEIジャンピング・ネーションズカップ・スウェーデン大会
国別団体戦/160cm 総賞金250,000ユーロ(約3,453万円)
7/16
ロンジングランプリ・クオリファイ
標準障害飛越競技238.2.1/150cm 総賞金250,000スウェーデン・クローナ(約325万円)
ファルステボダービー
ダービー競技/150cm 総賞金912,000スウェーデン・クローナ(約1,186万円)
ボリンガートロフィー
六段障害飛越競技 総賞金200,000スウェーデン・クローナ(約260万円)
7/17
ロンジングランプリ
二回走行競技/160cm 総賞金200,000ユーロ(約2,762万円)

主な出場選手

ヘンリク・フォン・エッカーマン(スウェーデン/世界ランク2位)
ペダー・フレデリクソン(スウェーデン/世界ランク3位)
ハリー・スモルダーズ(オランダ/世界ランク11位)
スティーヴ・ゲルダ(スイス/世界ランク22位)
ウィルム・バーミアー(ベルギー/世界ランク31位)
ブライアン・バルシガー(スイス/世界ランク40位)
ユル・フライリンク(オランダ/世界ランク41位)
エドワード・レヴィ(フランス/世界ランク42位)
マリン・バーヤード・ジョンソン(スウェーデン/世界ランク45位)
アンドレ・ティエメ(ドイツ/世界ランク49位)
ジル・トーマス(ベルギー/世界ランク50位)
アンドレアス・ショウ(デンマーク/世界ランク53位)

エマヌエル・ガウディアーノ(イタリア/世界ランク75位)
ジェシカ・メンドーサ(イギリス/世界ランク109位)
アライン・ジュフェー(スイス/世界ランク118位)
ロルフ・ヨーラン・ベントソン(スウェーデン/世界ランク181位)

PHOTO:©Longines Media Center

CSI/CSIO
CSIとは国際障害馬術競技会のことであり、Concours de Saut Internationalというフランス語の略語(Sautが障害馬術の意)。CSIは競技レベルの高い方から順に、5*(ファイブスター)、4*(フォースター)、3*(スリースター)、2*(ツースター)、1*(ワンスター)という5段階のクラスが設けられている。CSIOは「Concours de Saut International Officiel」というフランス語の略語で、国別団体戦を含む国際障害馬術競技会のこと。