アイキャンディが今シーズンのMLSJチームコンペティション4勝目を上げ、年間チャンピオンを戴冠/MLSJ2021 第10戦 ラ・キンタ大会Ⅱ

MLSJ

[MLSJ2021 第9戦 ラ・キンタ大会Ⅰ/CSI5* MLSJ Thermal]

現地時間11日、MLSJ(メジャーリーグ・ショージャンピング)2021 第10戦 ラ・キンタ大会Ⅱ(開催地:アメリカ/カリフォルニア州サーマル)2日目に行われたMLSJチームコンペティション(チーム対抗戦)にて、エイミー・ミラー(カナダ)&クリスティアーノ号、ジャクリーン・ステフェンス(カナダ)&フリーキー・アイエフヘバー号、コナー・スワイル(アイルランド)&テオ160号が出場したアイキャンディが優勝。今シーズンのMLSJチームコンペティション4勝目を上げ、見事に年間チャンピオン戴冠をはたした。

また、2位には、フアン・カルロス・ガルシア(メキシコ)&ハバブW号、ニッキー・ガリガン(アイルランド)&ジャヴァズ・ミス・ヨルダン号、サミュエル・パロット(チリ)&ドバイ号が出場したクルセイダーズ、3位には、カール・クック(アメリカ)&コーチェラ号、エウジェニオ・ガルザ・ペレス(メキシコ)&ビクター・フィンVHZ号、アシュリー・ボンド(イスラエル)&コンテフィーナLVH号が出場したA.I.Mユナイテッドが入った。

MLSJチームコンペティションでは、ラウンド1(標準障害飛越競技238.2.1/150cm)、ジャンプ・オフ1(スピード&ハンディネス競技/150cm)、ジャンプ・オフ2(スピード&ハンディネス競技/150cm)の3競技を実施。ラウンド1は全8チームが出場し、各チーム3人馬が走行。総減点とタイム合計で順位を決定し、上位4チームがジャンプ・オフ1へ進出する。ジャンプ・オフ1は各チーム2人馬が走行。タイム合計で順位を決定し、ジャンプ・オフ2にて、上位2チームが決勝戦、下位2チームが3位決定戦を戦う。ジャンプ・オフ2は各チーム1人馬が走行し、走行タイムで順位を決定する。

MLSJ2021 第10戦 ラ・キンタ大会Ⅱ 出場選手リスト

PHOTO:© Major League Show Jumping