MLSJ2022 第2戦 トラヴァースシティ大会 開催案内/2022年8月4日(木)~7日(日)

MLSJ

[MLSJ2022 第2戦 トラヴァースシティ大会/CSI5* MLSJ Traverse City]

現地時間8月4日(木)~7日(日)の4日間にわたり、MLSJ(メジャーリーグ・ショージャンピング)2022 第2戦 トラヴァースシティ大会(開催地:アメリカ/ミシガン州トラヴァースシティ)が開催される。CSI5*の実施競技および主な出場選手は以下の通り。

今大会には、世界ランク4位のコナー・スワイル(アメリカ)、同ランク10位のケント・ファリントン(アメリカ)という世界のトップ10ライダーが2名参戦。また、2004アテネ五輪・2008北京五輪団体金メダリストでFEIジャンピング・ワールドカップ・ファイナル2018チャンピオンのビージー・マッデン(アメリカ)も出場を予定している。

なお、MLSJでは、個人戦に加えてチームコンペティションも行われる。チーム対抗戦には、アイキャンディ、ヘリオス、トレイルブレイザーズ、スカイコーストスパイス、ロードランナーズ、クルセイダース、ルガーノダイアモンズ、ノーザンライツの8チームが参戦。全10大会の総合成績で年間チャンピオンの座を争う。

実施競技

8/4
二段階走行競技1.40m
二段階走行競技/140cm 総賞金1,000ドル(約13万4千円)
8/5
イグアナヨット1.45mスピードステークス
標準障害飛越競技238.2.2/145cm 総賞金1,500ドル(約20万1千円)
プレミア・エクエストリアン1.50m
標準障害飛越競技238.2.2/150cm 総賞金138,600ドル(約1860万円)
8/6
標準障害飛越競技1.50m
標準障害飛越競技238.2.2/150cm 総賞金73,800ドル(約990万円)
MLSJチームコンペティション
チーム別団体戦/150cm 総賞金200,000ドル(約2,684万円)
8/7
イベル・ウイニングラウンド1.45m
二回走行競技/145cm 
総賞金37,000ドル(約496万円)
MLSJグランプリ
標準障害飛越競技238.2.2/155cm 総賞金216,000ドル(約2,898万円)

主な出場選手

コナー・スワイル(アイルランド/世界ランク4位)
ケント・ファリントン(アメリカ/世界ランク10位)
シェーン・スウィートナム(アイルランド/世界ランク22位)
ポール・オシェア(アイルランド/世界ランク27位)
ジョーダン・コイル(アイルランド/世界ランク40位)
マージー・ゴールドスタイン・アングル(アメリカ/世界ランク55位)
ローワン・ウィリス(オーストラリア/世界ランク64位)
サンチアゴ・ランブレ(ブラジル/世界ランク65位)
マリオ・デローリエ(カナダ/世界ランク68位)
クリステン・ヴァンダービーン(アメリカ/世界ランク78位)
カール・クック(アメリカ/世界ランク85位)
ナタリー・ディーン(アメリカ/世界ランク90位)
カイル・キング(アメリカ/世界ランク128位)
ハンター・ホロウェイ(アメリカ/世界ランク173位)
サム・ウォーカー(カナダ/世界ランク174位)
アレックス・マッツ(アメリカ/世界ランク193位)
ジャクリーン・ステフェンス(カナダ/世界ランク203位)
ビージー・マッデン(アメリカ/世界ランク331位)

PHOTO:© Major League Showjumping

CSI/CSIO
CSIとは国際障害馬術競技会のことであり、Concours de Saut Internationalというフランス語の略語(Sautが障害馬術の意)。CSIは競技レベルの高い方から順に、5*(ファイブスター)、4*(フォースター)、3*(スリースター)、2*(ツースター)、1*(ワンスター)という5段階のクラスが設けられている。CSIOは「Concours de Saut International Officiel」