標準障害飛越競技(基準A)のルール

標準障害飛越競技のルール概要

障害馬術競技のなかで最もスタンダードな競技であり、「基準A(英語表記:table A)」とも称されます。馬場に設置された13個の障害物を決められた順番で飛び越えてゆき、走行中に落下(障害物のバーを落とす)、反抗(馬が障害物を飛越しない)などの過失があった場合に減点を加算。最終的に最も減点の少ない人馬が1位になります。最少減点の人馬が複数いた場合は、走行タイムの速い人馬を上位とする場合(FEI障害馬術規定238.2.1)と、ジャンプ・オフという優勝決定戦を行う場合(FEI障害馬術規定238.2.2)があります。

(FEI障害馬術規定236〜238条より)

標準障害飛越競技の過失

過失 減点/失権
落下
(障害物のバーを落とす)
減点4
反抗/不従順
(馬が障害物を飛越しない)
1回目:減点4
2回目:失権
不従順とそれに伴う障害物の落下および移動
(障害物を壊す)
減点4
走行タイム6秒加算
着水
(水濠障害で馬の脚が水につく)
減点4
落馬
(選手が馬から落ちる)
失権
経路違反
(障害物を飛ぶ順番を間違える)
失権
規定タイムオーバー
(定められた規定タイム内にゴールできない)
4秒につき
減点1
制限タイムオーバー
(定められた規定タイム内にゴールできない)
失権

※FEI障害馬術規定とは?
FEI(国際馬術連盟)が定める国際障害馬術競技会の規則を詳細にまとめたもの。記載されている条文は300を超え、国際競技会はこの規定に則って開催されます。国内競技会については、日本馬術連盟が独自に定めたルールが適用される部分もあり、それについては「日本馬術連盟競技会規定」に詳しく記載されています。なお、「FEI障害馬術規定」「日本馬術連盟競技会規定」は、いずれも日本馬術連盟のWEBサイトから無償でダウンロードすることができます。