【2021年4月】 日本馬術連盟公認1*競技会 競技結果

日本馬術連盟公認競技会

2021年4月1日〜31日までの期間中に開催される日本馬術連盟公認1*競技会の競技結果は以下の通り。なお、日本馬術連盟および競技会主催者より新たな情報が公開された場合は、以後随時更新する。

水口スプリングカップ2021(2021年4月24日~25日)

【2021年4月】 日本馬術連盟公認1*競技会 開催案内 

2021.04.06

岡山グランプリホースショー2021 スプリング大会

[岡山グランプリホースショー2021 スプリング大会/日本馬術連盟公認1*競技会]

2021年4月2日(金)~4日(日)の3日間にわたり、岡山グランプリホースショー2021 スプリング大会(開催地:岡山乗馬倶楽部/岡山県加賀郡吉備中央町)が開催された。公認競技は全6競技行われ、ここでは大会最終日の2競技についてリポートする。

11人馬が出場した中障害飛越競技D-Ⅱ(標準障害飛越競技238.2.2/110cm以下)では、6人馬がジャンプ・オフ(優勝決定戦)へ進出。ジャンプ・オフでは、一番時計の33.16秒でクリアラウンド(減点0で走行を終えること)した三木康史&クリフ66号(蒜山ホースパーク)が見事に優勝。2日目の中障害飛越競技D-Ⅰに続く、このクラス連勝を飾った。2位には減点0、35.43秒の山本恵理&タケルブラック号(岡山乗馬倶楽部)、3位に減点0、38.28秒の内藤智治&ジャヴァリ号(MRC乗馬クラブ広島)、4位に減点0、39.44秒の藤田陸杜&クラフトマン号(MRC乗馬クラブ広島)、5位に減点4の武田沙来&ブラックスミス号(ホースファームエルミオーレ神戸)が入った。

3人馬で争われた中障害飛越競技C-Ⅱ(標準障害飛越競技238.2.2/120cm以下)では、2人馬がジャンプ・オフへ。一騎打ちとなったジャンプ・オフでは、最初にスタートを切った西崎純郎&タケルブラック号(岡山乗馬倶楽部)が29.49秒でクリアラウンド。対する2番目、2日目の中障害飛越競技C-Ⅰに続いて、このクラス連勝を狙った桐野紗羅&ストラティーゴ号(岡山乗馬倶楽部)は1落下の減点4でフィニッシュ。以上の結果、西崎純郎&タケルブラック号(岡山乗馬倶楽部)が見事に優勝を飾り、桐野紗羅&ストラティーゴ号(岡山乗馬倶楽部)が2位、第1走行で減点10だった坂光栞奈&オフェリア号(眞田ライディングクラブ)が3位となった。

※写真はイメージです。