【2021年5月】 日本馬術連盟公認1*競技会 開催案内

日本馬術連盟公認競技会

2021年5月1日〜31日までの期間中に開催される日本馬術連盟公認1*競技会は以下の通り。なお、日本馬術連盟および競技会主催者より新たな情報が公開された場合は、以後随時更新する。

甲信馬術大会2021(2021年5月1日~2日)
全関西学生馬術大会2021(2021年5月3日~5日)
神奈川県民馬術大会2021(2021年5月8日~9日)
中国・四国馬術大会2021(2021年5月14日~16日)
北海道新緑馬術大会2021(2021年5月14日~16日)
京都カップ2021(2021年5月15日~16日)
千葉県馬術大会2021 PartⅡ(2021年5月16日)
中日本馬術大会2021 障害の部(2021年5月22日~23日)
東日本障害馬術大会2021(2021年5月28日~30日)
静岡ホースショー2021(2021年5月28日~30日)
水口ホースショー2021(2021年5月29日~30日)
2021福岡馬事公苑ホースショー(2021年5月29日~30日)

ナス・ホープフルホースショー2021

[ナス・ホープフルホースショー2021/日本馬術連盟公認1*競技会]

2021年5月1日(土)~2日(日)の2日間にわたり、ナス・ホープフルホースショー2021(開催地:那須トレーニングファーム/栃木県那須塩原市)が開催される。今大会の障害馬術競技は、公認6競技、非公認10競技を実施。公認競技は、中障害B・中障害C・中障害D各クラス2競技ずつ行われる。

大会賞金総額は27万2千円で、大会メイン競技のホープフルグランプリ(中障害B)、準メイン競技のホープフルノーマル(中障害B)には3万円、中障害Cクラスの2競技には2万円、中障害Dクラスの2競技には1万円の優勝賞金がかけられている。

なお、同大会では、国民体育大会2021 三重とこわか国体の栃木県予選を併催。障害馬術競技は、少年・標準障害飛越競技、成年女子・標準障害飛越競技、成年男子・標準障害飛越競技の3競技が行われ、6月の関東ブロック大会に出場する栃木県代表選手が選出される。

※写真はイメージです。