【2021年7月】 日本馬術連盟公認1*競技会 競技結果

日本馬術連盟公認競技会

2021年7月1日〜31日までの期間中に開催される日本馬術連盟公認1*競技会は以下の通り。なお、日本馬術連盟および競技会主催者より新たな情報が公開された場合は、以後随時更新する。

奈良サマーホースショー2021(2021年7月9日~11日)
兵庫県民馬術大会2021(2021年7月10日~11日)
ナス・サマーホースショー2021(2021年7月10日~11日)
2021スクーリングジャンプ with RRC(2021年7月16日~18日)
滋賀水口サマーカップ2021(2021年7月17日~18日)
北海道夏季馬術大会2021(2021年7月23日~25日)

【2021年7月】 日本馬術連盟公認1*競技会 開催案内

奈良サマーホースショー2021

[奈良サマーホースショー2021/日本馬術連盟公認1*競技会]

2021年7月9日(金)~11日(日)の3日間にわたり、奈良サマーホースショー2021(開催地:乗馬クラブクレインオリンピックパーク/奈良県天理市)が開催された。公認競技は6競技行われ、ここでは最終日の3競技についてリポートする。

15人馬が出場した中障害飛越競技M-D(標準障害飛越競技238.2.2/110cm以下)では、6人馬がジャンプ・オフ(優勝決定戦)へ。ジャンプ・オフでは、一番時計の41.73秒をマークした櫻井綾音&エニータイム号(服部緑地乗馬センター)が見事に優勝を飾った。続いて、初日の中障害飛越競技M-Dを勝った楠本 塁&ウォータートゥルー号(乗馬クラブクレインオリンピックパーク)が減点0、44.10秒で2位、増井智裕&ビリオネア号(甲賀乗馬クラブ)が減点0、44.85秒で3位、武藤光来&タラントアレグラCOP号(乗馬クラブクレインオリンピックパーク)が減点0、46.91秒で4位、林 貴秋&風露号(服部緑地乗馬センター)は33.29秒という驚異的なタイムを叩き出したが、減点4で5位となった。

7人馬が出場した中障害飛越競技M-C(標準障害飛越競技238.2.2/120cm以下)では、4人馬がジャンプ・オフへ進出。ジャンプ・オフでは、一番時計の26.11秒をマークした西海宏修&ファイアーフライD.V号(乗馬クラブグラシアス)が見事に優勝を飾った。続いて、砂川成弘&グリーンロウスカイハイ号(乗馬クラブクレインオリンピックパーク)が減点0、26.85秒で惜しくも2位、井上もか&ウォーダン号(日本経済大学)が減点4で3位、同じく減点4の吉川京太&ケルフィル号(新庄乗馬クラブ)がタイム差で4位、第1走行で減点4だった渡辺 明&C’sタイガーリリー号(乗馬クラブクレインオリンピックパーク)が5位に入った。

3人馬で争われた中障害飛越競技M-B(標準障害飛越競技238.2.2/130cm以下)では、田中蒼&ウォータースカイ号(乗馬クラブクレインオリンピックパーク)が第1走行で唯一のクリアラウンドをきめて、見事に優勝を飾った。以下、初日の中障害飛越競技M-Bを勝った渡辺 明&クリッシー号(乗馬クラブクレインオリンピックパーク)が減点4で2位、上田彩乃&スンモハZ号(乗馬クラブクレインオリンピックパーク)は失権により順位がつかなかった。

※写真はイメージです。