ジャパンホースフェスティバル2022( 公益社団法人全国乗馬倶楽部振興協会主催)開催案内/2022年5月19日(木)~22日(日)

国内障害馬術競技会

[ジャパンホースフェスティバル2022/公益社団法人全国乗馬倶楽部振興協会主催]

2022年5月19日(木)~22日(日)の4日間にわたり、ジャパンホースフェスティバル2022(開催地:御殿場市馬術・スポーツセンター)が開催される。この大会では、指導者競技とフェスティバル競技という2つのカテゴリーが設けられており、障害馬術競技は指導者競技5競技、フェスティバル競技7競技の全12競技を実施。

指導者競技は、公益社団法人全国乗馬倶楽部振興協会認定の乗馬指導者が出場できる競技で、乗馬指導者が体得した技術を競い合うことにより、技術向上を図ることを目的とする。対して、フェスティバル競技は、全国の乗馬愛好者を対象に乗馬競技会へ出場する機会を与え、技術の向上や乗馬の普及宣伝促進を図ることを目的としており、すべての競技が小障害クラス以下となっている。

指導者競技は1~3位が入賞となり、賞金総額は206万円。新馬障害飛越競技に5万円、内国産障害飛越競技に7万円、中障害飛越競技Dに6万円、中障害飛越競技Cに8万円、指導者障害飛越選手権に10万円の優勝賞金がかけられており、指導者障害飛越選手権については、内国産馬および外国産引退競走馬を対象とした内国産馬奨励賞も設けられている。フェスティバル競技は1~6位が入賞となり、優勝者には3万円の賞金もしくは商品券(大会期間中、大会出店業者にて使用できるお買物券)が贈呈される。

昨年6月に開催された前回大会では、指導者新馬障害飛越競技を増山大治郎&キセキノムスメ号(小山乗馬クラブ)、指導者中障害飛越競技Dを増山大治郎&カイルアブルー号(筑波スカイラインスティーブル)、指導者中障害飛越競技Cを武宮臣佐&リーオリフェー(アバロンヒルサイドファーム)、指導者中障害飛越競技Bを川口雅美&サムライブルー号(ライディングクラブフジファーム)、指導者内国産障害飛越競技を川口大輔&ライアン号(ライディングクラブフジファーム)、竹田恆和杯を福島 章&エミネンス号(佐倉ライディングクラブ)がそれぞれ制している。

※写真はイメージです(御殿場市馬術・スポーツセンターでの競技風景)