北海道新緑馬術大会2021の開催中止が決定

日本馬術連盟公認競技会

[北海道新緑馬術大会2021/日本馬術連盟公認1*競技会]

北海道乗馬連盟は14日、5月14日(金)~16日(日)の3日間で開催を予定していた、北海道新緑馬術大会2021(開催地:ノーザンホースパーク/北海道苫小牧市)の中止を発表した。

発表によれば、5月16日(日)~31日(月)までの期間、北海道全域への緊急事態宣言発令が確実となったことを受け、大会の実施は困難と判断し、中止の決定に至ったという。北海道新緑馬術大会は昨年も新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となっており、これで2年連続での中止となる。

なお、会場のノーザンホースパークも、ゲストとスタッフの健康と安全確保のため、5月16日(日)からの臨時休園を発表。休園期間は「当面の間」とされており、再オープンについては、改めて公式ホームページ上でリリースされるという。ノーザンホースパークは、北海道がまん延防止等重点措置の適用を受けたことを踏まえ、12日(水)より運営時間の短縮を決めたばかりだった。

※写真はノーザンホースパークでの競技風景