ジャパン・オープン2021年度 第1戦(日本馬術連盟公認3*競技会)競技結果/2021年4月9日(金)~4月11日(日)

日本馬術連盟公認競技会

[ジャパン・オープン2021年度 第1戦/日本馬術連盟公認3*競技会]

2021年4月9日(金)~4月11日(日)の3日間にわたり、ジャパン・オープン2021年度 第1戦(開催地:つま恋乗馬倶楽部/静岡県掛川市)が開催され、最終日には各クラスの決勝競技が行われた。各競技の優勝人馬および競技結果は以下の通り。

ジャパン・オープンは、日本で初めて馬の能力に応じたグレード制を導入した障害馬術競技のシリーズ戦であり、2021年度は全9大会を開催予定。AⅠグレード(大障害A)、AⅡグレード(大障害B)、Bグレード(中障害A)、Cグレード(中障害B)、Dグレード(中障害C)、Eグレード(中障害D)という6つのグレードで競技が実施され、第1戦~第7戦までのグレード別年間ポイント上位馬匹、第1戦~第7戦までに4回以上参加した団体(頭数無制限)、主催者推薦を受けた馬匹がファイナル戦の出場権を獲得。また、年間トータルポイントランキング上位の人馬 、グレード別ランキン グ1位の馬匹には、賞金または賞品が授与される。

Eグレード(中障害D)決勝

-優勝-
平尾 賢&ピムペルネル号
(エンゼル乗馬クラブ)

Eグレード決勝(標準障害飛越競技 238.2.2/110cm以下)には22人馬が出場し、12人馬がジャンプ・オフ(優勝決定戦)へ。1人馬が出場を辞退したため、11人馬で争われたジャンプ・オフでは、3番目の吉田裕之&初恋号(MITA馬事公苑 吉田stable)が38.26秒でクリアラウンド(減点0で走行を終えること)。先に減点0で走行を終えていた吹戸真由&ブレザンド号(ベルホースファーム)のタイムを上回り、首位に立つ。

しかし、続く4番目、2日目のEグレード標準を制している平尾 賢&ピムペルネル号(エンゼル乗馬クラブ)が34.23秒でクリアラウンド。一番時計を4秒以上更新する快走で首位に躍り出ると、後続も9番目の森本健史&カウンティ39号(つま恋乗馬倶楽部)、最終11番目の武道芙祐&ユナリナ号(つま恋乗馬倶楽部)がクリアラウンドしたが、タイムは森本が35.10秒、武道が41.21秒で平尾には届かず。

以上の結果、平尾 賢&ピムペルネル号(エンゼル乗馬クラブ)が見事にEグレード決勝を制し、優勝賞金10万円を獲得。2位に減点0、35.10秒の森本健史&カウンティ39号(つま恋乗馬倶楽部)、3位に減点0、38.26秒の吉田裕之&初恋号(MITA馬事公苑 吉田stable)、4位に減点0、39.21秒の吹戸真由&ブレザンド号(ベルホースファーム)、5位に減点0、41.21秒の武道芙祐&ユナリナ号(つま恋乗馬倶楽部)が入った。

Dグレード(中障害C)決勝

-優勝-
大森実穂&リヴゴーシュ5号
(北総乗馬クラブ)

Dグレード決勝(標準障害飛越競技 238.2.2/120cm以下)には20人馬が出場し、11人馬がジャンプ・オフへ。1人馬が出場を辞退したため、10人馬で争われたジャンプ・オフでは、4番目の山口真奈&ジュリアス・ファータ号(ヴィルタスライディングクラブ)が39.36秒でクリアラウンド。先に減点0で走行を終えていた豊原愛菜&グレンツハース号(エンゼル乗馬クラブ)のタイムを大きく上回り、首位に立つ。

5番目の鈴木爽日&ヴァーサティー号(ベルステーブル)、6番目の三木翔一朗&大将号(明石乗馬協会)も減点0で続くが、タイムは鈴木が42.04秒、三木が39.97秒で山口には及ばない。しかし、7番目の大森実穂&リヴゴーシュ5号(北総乗馬クラブ)が38.91秒でクリアラウンド。一番時計を0.45秒更新して、首位に躍り出る。その後、9番目の野本陽信&ウィザウィングス号(藤沢乗馬クラブ)もクリアラウンドしたが、タイムは39.72秒で一番時計の更新はならず。

以上の結果、大森実穂&リヴゴーシュ5号(北総乗馬クラブ)が見事にDグレード決勝を制し、優勝賞金10万円を獲得した。続いて、山口真奈&ジュリアス・ファータ号(ヴィルタスライディングクラブ)が減点0、39.36秒で2位、野本陽信&ウィザウィングス号(藤沢乗馬クラブ)が減点0、39.72秒で3位、三木翔一朗&大将号(明石乗馬協会)が減点0、39.97秒で4位、鈴木爽日&ヴァーサティー号(ベルステーブル)が減点0、42.04秒で5位となった。

なお、2日目のDグレード標準障害を制した林 義昌&コレクター号(佐賀県馬術連盟)はジャンプ・オフに進むも、1落下の減点4でフィニッシュ。9位という結果に終わっている。