みっきぃホースフェスティバル馬術大会2021(日本馬術連盟公認2*競技会)競技結果/2021年4月23日(金)~4月25日(日)

日本馬術連盟公認競技会

[みっきぃホースフェスティバル馬術大会2021/日本馬術連盟公認2*競技会]

2021年4月23日(金)~4月25日(日)の3日間にわたり、みっきぃホースフェスティバル馬術大会2021(開催地:三木ホースランドパーク/兵庫県三木市)が開催され、大会最終日には中障害A・中障害B・中障害C・中障害D各クラスのファイナル(決勝競技)が行われた。各競技の優勝人馬および競技結果は以下の通り。

みっきぃホースフェスティバル馬術大会2021(日本馬術連盟公認2*競技会)開催案内/2021年4月23日(金)~4月25日(日)

2021.04.12

みっきぃジャンプM-Dファイナル

-優勝-
品川皇王&ヤマヒサ号
(カシオペアライディングパーク)

37人馬がエントリーしたみっきぃジャンプM-Dファイナル(二段階走行競技/110cm以下)では競技序盤、8番の梅田 信&フェルディ号(甲南大学体育会馬術部)が25.73秒(第2段階の走行タイム。以下同)でクリアラウンド(減点0で走行を終えること)。先に減点0で走行を終えていた大浦勇馬&シュヴァル・ロワイヤル号(大浦牧場ライディングクラブ)、坂光栞奈&オフェリア号(眞田ライディングクラブ)以下をかわして、首位に立つ。

しかし、11番の品川皇王&ヤマヒサ号(カシオペアライディングパーク)が23.66秒でクリアラウンド。一番時計を2秒以上更新して首位に躍り出る。その後、武田沙来&ブラックスミス号(ホースファームエルミオーレ神戸)、山林真由美&ルスティカーナ号(鳥取県馬術連盟)、小出謙介&バリーナ号(明石乗馬協会)、梅田 信&カレッサ号(甲南大学体育会馬術部)など10人馬が減点0でフィニッシュしたが、いずれも品川のタイムを上回ることはできず。

以上の結果、品川皇王&ヤマヒサ号(カシオペアライディングパーク)が見事にみっきぃジャンプM-Dファイナルを制し、優勝賞金5万円を獲得。続いて、小出謙介&バリーナ号(明石乗馬協会)が減点0、25.05秒で2位、山林真由美&ルスティカーナ号(鳥取県馬術連盟)が減点0、25.19秒で3位、梅田 信&フェルディ号(甲南大学体育会馬術部)が減点0、25.73秒で4位、梅田 信&カレッサ号(甲南大学体育会馬術部)が減点0、26.09秒で5位となった。

なお、大会初日のみっきぃジャンプM-D PARTⅠを制した眞田 蒼&デイリーニュース号(眞田ライディングクラブ)は2反抗失権で順位なし、2日目のみっきぃジャンプM-D PARTⅡを制した坂田慎治&シャノン号(ライディングクラブトゥインクル)は減点4の19位という結果に終わっている。

みっきぃジャンプM-Cファイナル

-優勝-
岡本果林&ジゴロ号
(ドリームファーム)

24人馬が出場したみっきぃジャンプM-Cファイナル(標準障害飛越競技 238.2.2/120cm以下)では、7人馬がジャンプ・オフへ進出。ジャンプ・オフでは、トップバッターの岡本果林&ジゴロ号(ドリームファーム)が第1走行に続いてクリアラウンド。いきなり30.07秒の好タイムを叩き出し、後続にプレッシャーをかける。

2番目の大浦勇馬&シュヴァル・ロワイヤル号(大浦牧場ライディングクラブ)は減点11、3番目の波里しおり&ファイヤーフェ号(YUKI HARI SPORT HORSES)は減点4。4番目の米谷宏介&ファーストクラス号(JRA栗東トレーニングセンター)はクリアラウンドするが、タイムは33.25秒で一番時計を更新することはできず。

さらに、5番目の田中和真&ジェイローVDP号(K・Tステーブル)、6番目の坂田慎治&ゴマチーノ号(ライディングクラブトゥインクル)は減点4、最終7番目の下村早希&ヴァルコMZ号(ハーモニーファーム淡路)も減点14で走行を終えたため、岡本果林&ジゴロ号(ドリームファーム)が見事にみっきぃジャンプM-Cファイナルを制覇。初日のみっきぃジャンプM-B PARTⅠ、2日目のみっきぃジャンプM-C PARTⅡに続く今大会3勝目を飾り、優勝賞金6万円を手にした。

以下、米谷宏介&ファーストクラス号(JRA栗東トレーニングセンター)が減点0、33.25秒で2位、坂田慎治&ゴマチーノ号(ライディングクラブトゥインクル)が減点4、31.55秒で3位、田中和真&ジェイローVDP号(K・Tステーブル)が減点4、34.85秒で4位、波里しおり&ファイヤーフェ号(YUKI HARI SPORT HORSES)が減点4、42.44秒で5位となった。

※写真はイメージです(三木ホースランドパークでの競技風景)