佐藤英賢(ポール・ショッケメーレ厩舎)、川合正育(杉谷乗馬クラブ)など、FEI世界馬術選手権大会2022 日本代表人馬が決定

世界選手権・大陸選手権

[FEI世界馬術選手権大会2022/FEI World Equestrian Games2022]

16日、現地時間2022年8月6日(土)~8月14日(日)にわたって開催されるFEI世界馬術選手権大会2022(開催地:デンマーク・ヘアニング)の日本代表人馬が日本馬術連盟より発表された。

今大会には、2020東京五輪代表の佐藤英賢(ポール・ショッケメーレ厩舎)、齋藤功貴(北総乗馬クラブ)、6大会連続五輪代表・7大会連続世界選手権代表の実績を有する杉谷泰造(杉谷乗馬クラブ)、海外を拠点に活躍する若手のホープ・川合正育(杉谷乗馬クラブ)の4選手を選出。

2018年に開催された前回大会では、団体戦で25チーム中20位、個人戦ではポーリー・カレン(木下グループ)が21位、齋藤功貴(北総乗馬クラブ)が89位、福島大輔(STAR HORSES)が96位、桝井俊樹(乗馬クラブクレイン)が117位という結果に終わっている。

※写真は佐藤英賢(ポール・ショッケメーレ厩舎)

FEI世界馬術選手権大会2018
日本代表

佐藤英賢(ポール・ショッケメーレ厩舎/世界ランク位) 
馬匹:チャカーノJRA号、サフィア・デ・ラックJRA号、カルーソJRA号 
2020東京五輪代表
2008北京五輪代表
FEI世界馬術選手権大会2010代表
FEI世界馬術選手権大会2006代表

川合正育(杉谷乗馬クラブ/世界ランク253位) 
馬匹:サクソ・デ・ラ・コウ号

齋藤功貴(北総乗馬クラブ/世界ランク455位) 
馬匹:チレンスキーJRA号、カルセントJRA号
2020東京五輪代表
FEI世界馬術選手権大会2018代表

杉谷泰造(杉谷乗馬クラブ/世界ランク631位)
馬匹:クインシー194号
6大会連続五輪代表(2016リオデジャネイロ/2012ロンドン/2008北京/2004アテネ/2000シドニー/1996アトランタ)
7大会連続FEI世界馬術選手権大会代表(1994・1998・2002・2006・2010・2017)
FEIアジア選手権2019個人金メダリスト
アジア競技大会2014個人銅メダリスト

※世界ランクは2022年5月31日発表のもの

PHOTO:© FEI