スウェーデン、ベルギー、ドイツなど10チームが団体戦予選を通過/2020東京五輪馬術競技

2020東京五輪

[2020東京五輪/2020 Tokyo Olympic Games]

6日、2020東京五輪馬術競技(開催地:日本中央競馬会馬事公苑/東京都世田谷区)14日目に行われた障害馬術競技団体戦予選(標準障害飛越競技238.1.1/165cm)に、アイルランド・アメリカ・アルゼンチン・イスラエル・イギリス・エジプト・オランダ・スイス・スウェーデン・チェコ・中国・ドイツ・日本・ニュージーランド・フランス・ブラジル・ベルギー・メキシコ・モロッコの19チームが出場。各チームが3人馬ずつ全57人馬が走行し、チーム総減点で順位を争った。

障害馬術競技 団体戦予選スタートリスト/2020東京五輪馬術競技

日本代表チームは団体戦決勝進出ならず/2020東京五輪馬術競技

予選を首位で通過したのは、唯一の総減点0でフィニッシュしたスウェーデン。ヘンリク・フォン・エッカーマン(スウェーデン)&キング・エドワード号、マリン・バーヤード・ジョンソン(スウェーデン)&H&Mインディアナ号、ペダー・フレデリクソン(スウェーデン)&H&Mオール・イン号の3人馬がすべてクリアラウンド(減点0で走行を終えること)する完璧ななパフォーマンスで堂々決勝へと駒を進めた。

続いて、ピーター・デボス(ベルギー)&クライレZ号、ジェローム・ゲリー(ベルギー)&ケル・オム・デ・フス号が減点1、グレゴリー・ワレット(ベルギー)&MJTネヴァドスS号が減点2でフィニッシュしたベルギーが総減点4。また、ダニエル・ドイサー(ドイツ)&キラー・クイーンVDM号、アンドレ・ティエム(ドイツ)&DSPチャカリア号が減点1、モーリス・テベル(ドイツ)&ドン・ディアラド号が減点2でフィニッシュしたドイツも総減点4で並び、この2チームが2位タイで決勝へ。

さらに、スイスが総減点10で4位、FEI世界馬術選手権大会2018団体金メダルのアメリカは総減点13で5位、2016リオデジャネイロ五輪団体金メダルのフランスは総減点15で6位、イギリスが総減点20で7位、ブラジルが総減点25で8位、オランダが総減点26で9位、アルゼンチンが総減点27で10位となり、ここまでの10チームが予選を通過した。

なお、総減点29のエジプト、総減点35の中国、総減点37のモロッコ、総減点39のニュージーランド、総減点45のチェコ、3人馬が完走できなかったアイルランド、イスラエル、日本、メキシコは予選落ちとなった。

※写真はマリン・バーヤード・ジョンソン(スウェーデン)&H&Mインディアナ号

PHOTO:©FEI