【2022年2月】 日本馬術連盟公認1*競技会 競技結果

日本馬術連盟公認競技会

2022年2月1日〜28日までの期間中に開催された日本馬術連盟公認1*競技会は以下の通り。なお、日本馬術連盟および競技会主催者より新たな情報が公開された場合は、以後随時更新する。

【2022年2月】 日本馬術連盟公認1*競技会 開催案内

讃岐グランプリ2022

[讃岐グランプリ2022/日本馬術連盟公認1*競技会]

2022年2月25日(金)~27日(日)の3日間にわたり、讃岐グランプリ2022(開催地:乗馬クラブスタリオンステーブル/香川県綾歌郡綾川町)が開催された。公認競技は全9競技行われ、ここでは大会初日の3競技についてリポートする。

10人馬が出場した中障害飛越D(標準障害飛越競技238.2.1/110cm以下)では、6人馬がクリアラウンド(減点0で走行を終えること)。そのうち、一番時計の53.34秒をマークした石田侑奇&リトルケニア号(高知ホースライディングクラブ)が見事に優勝を飾った。続いて、半田侑里&ルルヴェ号(高知ホースライディングクラブ)が減点0、53.99秒で2位に入り、高知ホースライディングクラブ勢が1.2フィニッシュを達成。以下、眞田 凌&コルチナ号(眞田ライディングクラブ)が減点0、56.76秒で3位、藤本佳史&カイロ44号(眞田ライディングクラブ)が減点0、56.95秒で4位、宮本典幸&クイドゥーソ・2号(乗馬クラブスタリオンステーブル)が減点0、58.27秒で5位に入った。なお、この競技6位に終わった盛本悠月&ルスティカーナ号(RASTER STABLE)が大会2日目、最終日の中障害飛越Dを連勝している。

 

6人馬が出場した中障害飛越C(標準障害飛越競技238.2.1/120cm以下)では、クリアラウンドする人馬は現れず。規定タイムオーバーの減点1でフィニッシュした木原れな&クリストバル21号(Master Horse)が見事に優勝を飾った。続いて、眞田 翔&マシェリ号(眞田ライディングクラブ)が減点4で2位、眞田 蒼&デイリーニュース号(眞田ライディングクラブ)が減点13で3位、新上聖直&スピリタス号(乗馬クラブスタリオンステーブル)が減点16で4位、木原 翼&エディー号(乗馬クラブスタリオンステーブル)と木原 翼&ラッキースター号(Master Horse)はいずれも失権に終わり、順位がつかなかった。なお、この競技で優勝した木原れな&クリストバル21号(Master Horse)は大会最終日の中障害飛越Cでも勝ち星を上げている。

5人馬が出場した中障害飛越B(標準障害飛越競技238.2.1/130cm以下)では、3人馬がクリアラウンド。そのうち、一番時計の54.93秒をマークした眞田 翔&エメルソン号(眞田ライディングクラブ)が見事に優勝。全日本障害馬術大会2019・2020 PartⅡで中障害飛越競技C決勝を連覇した名コンビが貫録の勝利を収めた。続いて、木原康弘&ブルース号(Master Horse)が減点0、55.04秒で2位、安田一彦&ラミール・ドゥ・レヴェル号(乗馬クラブスタリオンステーブル)が減点0、58.78秒で3位、宮本 薫&エルヴィス号(乗馬クラブスタリオンステーブル)が減点4で4位、同じく減点4だった眞田 翔&ディアーラドゥルージュ号(眞田ライディングクラブ)がタイム差で5位となった。

※写真はイメージです。