【2022年5月】 日本馬術連盟公認1*競技会 競技結果/2022年6月12日情報更新

日本馬術連盟公認競技会

2022年5月1日〜31日までの期間中に開催された日本馬術連盟公認1*競技会は以下の通り。なお、日本馬術連盟および競技会主催者より新たな情報が公開された場合は、以後随時更新する。

京都カップ2022(2022年5月14日~15日)
2022福岡馬事公苑ホースショー(2022年5月14日~15日)
2022千葉県馬術大会 PartⅡ(2022年5月15日)
北海道新緑馬術大会2022(2022年5月20日~22日)
中国・四国馬術大会2022(2022年5月20日~22日)
静岡ホースショー2022(2022年5月27日~29日)
小淵沢トライアル2022(2022年5月28日~29日)
水口ホースショー2022(2022年5月28日~29日)

【2022年5月】 日本馬術連盟公認1*競技会 開催案内

神戸スプリングホースショー2022

[神戸スプリングホースショー2022/日本馬術連盟公認1*競技会]

2022年5月2日(月)~4日(水)の3日間にわたり、神戸スプリングホースショー2022(開催地:しあわせの村馬事公苑 /兵庫県神戸市)が開催された。公認競技は全6競技行われ、ここでは大会最終日の3競技についてリポートする。

12人馬が出場した中障害飛越D-Ⅱ(標準障害飛越競技238.2.2/110cm以下)では、 3人馬がジャンプ・オフ(優勝決定戦)へ。迎えたジャンプ・オフでは、道下せな&ディアランB号(カシオペアライディングパーク)が34.51秒でクリアラウンド(減点0で走行を終えること)し、見事に優勝を飾った。続いて、大会初日の中障害飛越D-Ⅰを勝った扇田瑠望&デューク号(K.Tステーブル)が減点4、32.30秒で2位、奥野竜三&ドルチェH.Y号(神戸乗馬倶楽部)が減点8、29.30秒で3位、第1走行で減点2だった田口和務&エヴァーテ・スタティム号(ホースファームエルミオーレ神戸)が4位、減点4だった大浦光稀&ウォーターパーク号(ウィングファーム)が5位に入った。

9人馬が出場した中障害飛越C-Ⅱ(標準障害飛越競技238.2.2/120cm以下)では、 3人馬がジャンプ・オフへ進出。迎えたジャンプ・オフでは、道下せな&ディアランB号(カシオペアライディングパーク)が39.37秒でクリアラウンド(減点0で走行を終えること)し、見事に優勝。中障害飛越D-Ⅱに続く、2クラス連続優勝をはたした。続いて、西海宏修&ファイアーフライD.V号(乗馬クラブグラシアス)が減点4、37.47秒で2位、大会初日の中障害飛越C-Ⅰを勝った野口恭弘&エヴァーテ・スタティム号(ホースファームエルミオーレ神戸)が減点16で3位、第1走行を減点4でフィニッシュした野口 恭弘&ブラックスミス号(ホースファームエルミオーレ神戸)が4位、同じく減点4だった奥野竜三&ドルチェH.Y号(神戸乗馬倶楽部)がタイム差で5位となった。

2人馬による一騎打ちとなった中障害飛越B-Ⅱ(標準障害飛越競技238.2.2/130cm以下)では、第1走行を66.85秒でクリアラウンドした野口恭弘&ブラックスミス号(ホースファームエルミオーレ神戸)が見事に優勝。対する奥村安寿&オスカーP号(K・Tステーブル)は減点26でフィニッシュし、2位に敗れた。なお、大会初日の中障害飛越B-Ⅰを勝った江見周作&チェスター号(神戸乗馬倶楽部)は走行前に棄権している。

※写真はイメージです。