RRC 引退競走馬杯2021 開催スケジュール

引退競走馬競技会

[2021 RRC引退競走馬杯]

全国乗馬倶楽部振興協会は24日、2021 RRC引退競走馬杯の開催スケジュールを発表した。RRCとは、「Retired Racehorse Cup」の略称であり、過去に競走馬として登録されたことのあるサラブレッドのみが出場できる馬術競技のシリーズ戦。

創設4年目を迎える来年度は規模を拡大し、予選として14の地域大会(北海道・東北Ⅰ・東北Ⅱ・関東・北陸・中部Ⅰ・中部Ⅱ・中部Ⅲ・関西Ⅰ・関西Ⅱ・中国・四国・九州Ⅰ・九州Ⅱ)を開催。各地域大会で上位の成績を収め、選抜された馬匹には、12月のJRAジャパンブリーディングホースショー(開催地:JRA馬事公苑/東京都世田谷区)で行われるRRCファイナルの出場権が与えられる。

なお、昨年度のファイナルでは、吉田篤史&ガルガンチュア号(北総乗馬クラブ)が見事優勝を飾り、優勝賞金100万円を獲得。2位に佃 日出彦&ハギノパートナーズ号(乗馬クラブリバーサイドステーブル浜北)、3位に大久保正輝&ゼウスバローズ号(那須トレーニングファーム)が入っている。

※写真は中島双汰&ダイワシュガー号(中島トニアシュタール)

全国乗馬倶楽部振興協会が2020RRC引退競走馬杯のダイジェスト動画を公開

2021.02.05

2020 RRC引退競走馬杯 実施要項&競技結果

2020.12.06