米国馬術連盟がUSEFペガサスアワード2021 受賞人馬を発表 

海外障害馬術競技会

[USEFペガサスアワード2021]

現地時間14日、米国馬術連盟(USEF)のUSEFペガサスアワード2021 ディナーセレブレーションが開催され、ローラ・クラウト(アメリカ)がインターナショナル・エクエストリアン・オブザイヤーに、ブライアン・モーグル(アメリカ)が騎乗するバロウ・デュ・レヴェントン号がホース・オブザイヤーに選出された。

◆ インターナショナル・エクエストリアン・オブザイヤー
ローラ・クラウト(アメリカ)

2008北京五輪やFEI世界馬術選手権大会2018で団体金メダルを獲得した56歳の女性ライダーで、現在の世界ランクは33位。2021年は、バロウティヌエ号とのコンビで2020東京五輪に出場し、団体銀メダルを獲得したほか、4月の2021EPSスプリングシリーズ(CSI3* Wellington FL)でグランプリ優勝、5月のピアッツァ・ディ・シエナ2021(CSIO5*Rome)でグランプリ2位、9月のCHIOアーヘン2021(CSIO5*Aachen )でメルセデスベンツ・ネーションズカップ団体金メダル獲得など、数々の好成績を残した。

PHOTO:©FEI

◆ ホース・オブザイヤー
バロウ・デュ・レヴェントン号

ドイツ産のオルデンブルグ種(16歳牡馬)。2021年よりブライアン・モーグル(アメリカ)とコンビを結成し、6月のCSIOソポトホースショー2021(CSIO5* Sopot)でグランプリ優勝、9月のCHIOアーヘン2021(CSIO5*Aachen )でメルセデスベンツ・ネーションズカップ団体金メダル獲得、グランプリでは2位に入った。また、2020東京五輪では、アメリカ代表チームのリザーブメンバーに入っている。

PHOTO:©Sopot Horse Show

CSI/CSIO
CSIとは国際障害馬術競技会のことであり、Concours de Saut Internationalというフランス語の略語(Sautが障害馬術の意)。CSIは競技レベルの高い方から順に、5*(ファイブスター)、4*(フォースター)、3*(スリースター)、2*(ツースター)、1*(ワンスター)という5段階のクラスが設けられている。CSIOは「Concours de Saut International Officiel」というフランス語の略語で、国別団体戦を含む国際障害馬術競技会のこと。
CHI/CHIO
CHIとは「Concours Hippique International」というフランス語の略語で、2種目以上の馬術競技が行われる国際馬術大会のこと。CHIOは「Concours Hippique International Officiel」というフランス語の略語で、国別団体戦を含む2種目以上の馬術競技が行われる国際馬術大会のこと。