2022ジャパンホースフェスティバル( 公益社団法人全国乗馬倶楽部振興協会主催)競技結果/2022年5月19日(木)~5月22日(日)

国内障害馬術競技会

[2022ジャパンホースフェスティバル/公益社団法人全国乗馬倶楽部振興協会主催]

2022年5月19日(木)~22日(日)の4日間にわたり、2022ジャパンホースフェスティバル(開催地:御殿場市馬術・スポーツセンター/静岡県御殿場市)が開催された。ここでは指導者競技の5競技についてリポートする。各競技の優勝人馬および競技結果は以下の通り。

2022ジャパンホースフェスティバル( 公益社団法人全国乗馬倶楽部振興協会主催)開催案内/2022年5月19日(木)~22日(日)

指導者新馬障害飛越競技

-優勝-
増山大治郎&キセキノムスメ号
(筑波スカイラインスティーブル)

16人馬が出場した指導者新馬障害飛越競技(標準障害飛越競技238.2.1/90cm以下)では、7人馬がクリアラウンド(減点0で走行を終えること)。そのうち、一番時計の51.19秒をマークした増山大治郎&キセキノムスメ号(筑波スカイラインスティーブル)が見事に優勝を飾り、賞金5万円を獲得した。

続いて、笹沼和之&テントゥワン号(ライディングクラブウインズ)が減点0、51.36秒で2位、増山大治郎&フォルニーズ号(小山乗馬クラブ)が減点0、52.78秒で3位、川口雅美&バイオレット号(ライディングクラブフジファーム)が減点0、55.83秒で4位、大和田啓太&デルママレーヌ号(東武乗馬クラプ&クレイン)が減点0、60.32秒で5位に入った。

キセキノムスメ号(筑波スカイラインスティーブル)は北海道新冠町産のサラブレッド種で引退競走馬(9歳牝馬)。父はキンシャサノキセキ、母はオースノムスメ(母父オース)。競走馬時代も同じ馬名で登録され、競走成績は中央競馬で30戦2勝、地方競馬で7戦未勝利。獲得賞金は2,493万円だった。障害馬術競技では、RRC2020東北大会で2位、中部大会Ⅲで3位、RRC2021関東大会で2位、中部大会Ⅰで3位に入っている。

指導者中障害飛越競技D

-優勝-
中村洋子&ケアフル号
(北勢ライディングファーム)

7人馬が出場した指導者中障害飛越競技D(標準障害飛越競技238.2.1/110cm以下)では、中村洋子&ケアフル号(北勢ライディングファーム)が58.70秒で唯一のクリアラウンドをきめて、見事に優勝。賞金6万円を獲得した。

続いて、平永健太&セリア号(乗馬クラプクレイン千葉富津)が減点4、57.25秒で2位、中村洋子&コビーナ号(北勢ライディングファーム)が減点4、58.05秒で3位、杉本隆雄&カズノピサ号(小山乗馬クラブ)が減点4、63.14秒で4位、草薙達也&ファストエモーションZ号(座間近代乗馬クラブ)が減点4、66.57秒で5位となった。なお、RRC2021 ファイナル大会を制したジューンマーメイド号(小山乗馬クラブ)は減点24の最下位という結果に終わっている。

ケアフル号(北勢ライディングファーム)はドイツ産のオルデンブルグ種(19歳牝馬)。2011年より日本馬術連盟公認競技会に参戦し、大阪グランプリ2015 ファイナル大会(4スター)で中障害飛越《C》チャンピオンシップ優勝、国民体育大会2019(いきいき茨城ゆめ国体)で成年男子ダービー競技優勝などの成績を残している。

※写真はイメージです(御殿場市馬術・スポーツセンターでの競技風景)