ハブサイド・グランプリはコンスタン・ヴァン・パッシェン(ベルギー)が優勝/ハブサイド・ジャンピング2021 ウィーク3

ハブサイド・ジャンピング

[ハブサイド・ジャンピング2021 ウィーク3/CSI4*Grimaud]

現地時間4日、ハブサイド・ジャンピング2021 ウィーク3(開催地:フランス/グリモー)最終日に行われたハブサイド・グランプリ(標準障害飛越競技238.2.2/155cm)にて、コンスタン・ヴァン・パッシェン(ベルギー)&イシドール・ヴァン・デ・ヘレ号が優勝。2位にマヌエル・フェルナンデス・サロ(スペイン)&ジャーリン・デ・トーレス号、3位にアイリック・デ・ポンナット(フランス)&フーバー号が入った。

第1走行

出場29人馬のうち、最初のクリアラウンド(減点0で走行を終えること)は、7番のフランソワ・ザビエル・ブーダント(フランス)&ブラジル・デュ・メゼル号。続いて、10番のマヌエル・フェルナンデス・サロ(スペイン)&ジャーリン・デ・トーレス号が減点0でフィニッシュし、ジャンプ・オフ(優勝決定戦)が成立する。

その後、11番のアイリック・デ・ポンナット(フランス)&フーバー号、16番のジュリアン・アンケティン(フランス)&シーサス・デ・フォーグナード号、22番のコンスタン・ヴァン・パッシェン(ベルギー)&イシドール・ヴァン・デ・ヘレ号の3人馬がクリアラウンド。トータル5人馬がジャンプ・オフへ駒を進めた。

ジャンプ・オフ(優勝決定戦)

1人馬が出場を辞退したため、4人馬での争いとなったジャンプ・オフでは、2番目のマヌエル・フェルナンデス・サロ(スペイン)&ジャーリン・デ・トーレス号が48.40秒でクリアラウンド。先に減点8でフィニッシュしていたフランソワ・ザビエル・ブーダント(フランス)&ブラジル・デュ・メゼル号をかわして、首位に立つ。

3番目のアイリック・デ・ポンナット(フランス)&フーバー号は減点4でフィニッシュし、フェルナンデス・サロには及ばない。しかし、最終4番目のコンスタン・ヴァン・パッシェン(ベルギー)&イシドール・ヴァン・デ・ヘレ号が一番時計を0.28秒だけ更新する48.12秒でクリアラウンド。

以上の結果、コンスタン・ヴァン・パッシェン(ベルギー)&イシドール・ヴァン・デ・ヘレ号が見事にハブサイド・グランプリを制し、優勝賞金25,000ユーロ(約329万円)を獲得した。

PHOTO:©Hubside Jumping