ひょうごスプリングホースショー2022(日本馬術連盟公認3*競技会)競技結果/2022年3月18日(金)~3月20日(日)

日本馬術連盟公認競技会

[ひょうごスプリングホースショー2022/日本馬術連盟公認3*競技会]

2022年3月18日(金)~3月20日(日)の3日間にわたり、ひょうごスプリングホースショー2022(開催地:三木ホースランドパーク/兵庫県三木市)が開催され、大会最終日は中障害A・中障害B・中障害C・中障害D各クラスのファイナル(決勝競技)が行われた。各競技の優勝人馬および競技結果は以下の通り。

ひょうごスプリングホースショー2022(日本馬術連盟公認3*競技会)開催案内/2022年3月18日(金)~3月20日(日)

中障害飛越D ファイナル

-優勝-
眞田 蒼&デイリーニュース号
(眞田ライディングクラブ)

72人馬が出場した中障害飛越D ファイナル(二段階走行競技/110cm以下)では、28人馬がクリアラウンド(減点0で走行を終えること)。そのうち、一番時計の18.45秒(第2段階のタイム。以下同)をマークした眞田 蒼&デイリーニュース号(眞田ライディングクラブ)が見事に優勝を飾り、賞金8万円を獲得した。同コンビは、大会初日の中障害飛越D S&H、2日目の中障害飛越D 標準形式も制しており、今大会の中障害Dクラス完全優勝を達成している。

続いて、扇田梨望&イニエケ号(K・Tステーブル)が減点0、19.32秒で2位、梁川正重&ミシェル31号(早来エクワインファーム)が減点0、19.36秒で3位、佐藤賢希&ハリーM号(明松寺馬事公苑)が減点0、19.46秒で4位、岡村佳奈&ウロボロス号(新庄乗馬クラブ)が減点0、19.98秒で5位に入った。

デイリーニュース号(眞田ライディングクラブ)はオランダ産のKWPN種(14歳セン馬)。2019年より日本馬術連盟公認競技会に参戦し、みっきぃオータムホースショー2019(3スター)でみっきぃジャンプM-C partⅠ 優勝、ひょうごスプリングホースショー2021(3スター)で中障害飛越D 標準形式優勝、みっきぃホースフェスティバル馬術大会2021(2スター)でみっきぃジャンプM-D partⅠ 優勝といった成績を残している。

中障害飛越C ファイナル

-優勝-
桐野紗羅&ストラティーゴ号
(岡山乗馬俱楽部)

32人馬が出場した中障害飛越C ファイナル(二段階走行競技/120cm以下)では、13人馬がクリアラウンド。そのうち、一番時計の22.36秒(第2段階のタイム。以下同)をマークした桐野紗羅&ストラティーゴ号(岡山乗馬俱楽部)が見事に優勝を飾り、賞金8万円を獲得した。

続いて、武道芙紀&シロッコプラダ号(同志社大学馬術部)が減点0、22.46秒で2位、大会2日目の中障害飛越C 標準形式を勝った坂田慎治&シャノン号(エンゼル乗馬クラブ)が減点0、22.56秒で3位、佐藤賢希&縁祥号(明松寺馬事公苑)が減点0、22.62秒で4位、 竹田善郎&ティンカベル号(カシオペアライディングパーク)が減点0、22.64秒で5位に入った。なお、初日の中障害飛越C S&Hを勝った品川皇王&フィットリア号(カシオペアライディングパーク)はファイナルには出場していない。

ストラティーゴ号(岡山乗馬俱楽部)はドイツ産のオルデンブルグ種(12歳牝馬)。2019年より日本馬術連盟公認競技会に参戦し、全日本ジュニア障害馬術大会2021 ジュニアライダー障害飛越選手権で3位表彰台入り。全日本障害馬術大会2021 PartⅡでは中障害飛越競技Cに出場し、予選S&Hで優勝。決勝競技でも2位に入る活躍を見せた。

※写真はイメージです(三木ホースランドパークでの競技風景)