2021 RRC引退競走馬杯 地域大会(予選)競技結果

引退競走馬競技会

[2021 RRC 引退競走馬杯]

2021 RRC引退競走馬杯2021 各地域大会(予選)の競技結果は以下の通り。全国乗馬倶楽部振興協会および競技会主催者より新たな情報が公開された場合は、以後随時更新する。

中部Ⅰ大会(2021年5月4日)
九州Ⅰ大会(2021年5月2日)

2021 RRC引退競走馬杯 地域大会(予選)実施要項

RRC 引退競走馬杯
中部Ⅰ大会

-優勝-
増山大治郎&ジューンマーメイド号
(小山乗馬クラブ)

5月4日(火)、2021フジホースフェスティバル(開催地:御殿場市馬術・スポーツセンター/静岡県御殿場市)の大会3日目に、RRC引退競走馬杯 中部Ⅰ大会(二段階走行競技/90cm以下)が行われた。

34人馬がエントリーした競技終盤、25番の平川敬章&ヴェルラヴニール号(北総乗馬クラブ)が24.24秒(第2段階のタイム。以下同)でクリアラウンド(減点0で走行を終えること)。先に減点0で走行を終えていた増山大治郎&キセキノムスメ号(小山乗馬クラブ)、川口雅美&バイオレット号(ライディングクラブフジファーム)以下のタイムを上回り、首位に立つ。

しかし、29番の増山大治郎&ジューンマーメイド号(小山乗馬クラブ)が24.17秒でクリアラウンド。一番時計をわずか0.07秒だけ更新に首位に躍り出ると、後続の人馬も32番の佃 日出彦&グッドワン号(乗馬クラブリバーサイドステーブル浜北)らがクリアラウンドするが、いずれも増山のタイムには届かず。

以上の結果、増山大治郎&ジューンマーメイド号(小山乗馬クラブ)が見事にRRC引退競走馬杯 中部Ⅰ大会を制し、優勝賞金50万円を手にした。続いて、平川敬章&ヴェルラヴニール号(北総乗馬クラブ)が減点0、24.24秒で2位、佃 日出彦&グッドワン号(乗馬クラブリバーサイドステーブル浜北)が減点0、25.45秒で3位、増山大治郎&キセキノムスメ号(小山乗馬クラブ)が減点0、25.82秒で5位、川口雅美&バイオレット号(ライディングクラブフジファーム)が減点0、26.39秒で5位となった。

ジューンマーメイド号(小山乗馬クラブ)は、北海道新ひだか町産のサラブレッド(5歳牝馬)で、父はシニスターミニスター、母はリトルマーメード、母父はトワイニング。2017年の北海道サマーセールに上場され、550万円で落札されている。競走馬時代は大井競馬で3戦し、勝ち星をあげることはできなかった。

<ハイライト動画>

2021 RRC引退競走馬杯 地域大会(予選)実施要項

RRC 引退競走馬杯2021 開催スケジュール