2021 RRC引退競走馬杯 地域大会(予選)競技結果/2021年8月31日情報更新

引退競走馬競技会

[2021 RRC 引退競走馬杯]

2021 RRC引退競走馬杯2021 各地域大会(予選)の競技結果は以下の通り。全国乗馬倶楽部振興協会および競技会主催者より新たな情報が公開された場合は、以後随時更新する。

中国大会(2021年8月29日)
関東大会(2021年7月18日)
関西Ⅱ大会(2021年7月11日)
東北Ⅱ大会(2021年6月20日)
中部Ⅱ大会(2021年6月13日)
中部Ⅰ大会(2021年5月4日)
九州Ⅰ大会(2021年5月2日)

2021 RRC引退競走馬杯 地域大会(予選)実施要項/2021年9月13日情報更新

RRC 引退競走馬杯
中国大会

-優勝-
東郷正也&ジーザス号
(なかむらんどホース)

8月29日(日)、岡山県国体記念馬術大会2021(開催地:蒜山ホースパーク/岡山県真庭市)の大会期間中に、RRC引退競走馬杯 中国大会(二段階走行競技/90cm以下)が行われた。

46人馬がエントリーした競技序盤、1番の東郷正也&ジーザス号(なかむらんどホース)が早々とクリアラウンド(減点0で走行を終えること)。いきなり25.70秒(第2段階のタイム。以下同)の好タイムを叩き出す。後続も2番の原田昂治&サンリヴァル号(岡山県立勝山高校蒜山校地)、4番の吉田なな美&メイショウホルダー号(MITA馬事公苑吉田stable)、14番の眞田 凌&スカイジーニアス号(眞田ライディングクラブ)などが減点0で続くが、いずれも一番時計を更新できない。

さらに終盤、24番の苅谷枝里香&セルリアンブルー号(苅谷乗馬クラブ)、30番の山本一&キャノンストーム号(ポニースマイル)、33番の鯛 彩乃&ピースアンドカーム号(カシオペアライディングパーク)がクリアラウンドしたが、タイムは山本のマークした25.76秒が最高でわずかに届かず。

以上の結果、東郷正也&ジーザス号(なかむらんどホース)が見事に優勝を飾り、賞金50万円を獲得。続いて、山本一&キャノンストーム号(ポニースマイル)が減点0、25.76秒で2位、原田昂治&サンリヴァル号(岡山県立勝山高校蒜山校地)が減点0、27.17秒で3位、眞田 凌&スカイジーニアス号(眞田ライディングクラブ)が減点0、29.53秒で4位、鯛 彩乃&ピースアンドカーム号(カシオペアライディングパーク)が減点0、35.59秒で5位に入った。

ジーザス号(なかむらんどホースは、北海道新ひだか町産のサラブレッド(7歳牝馬)で、父はクロフネ、母はアンドモアアゲイン、母父はDistorted Humor。競走馬時代はクインズスプリングの馬名で登録され、中央競馬で3戦0勝、地方競馬で31戦2勝。獲得賞金は64万円だった。