RRC 引退競走馬杯2022 地域大会(予選)競技結果/2022年10月2日情報更新

引退競走馬競技会

[RRC 引退競走馬杯2022]

RRC引退競走馬杯2022 各地域大会(予選)の競技結果は以下の通り。全国乗馬倶楽部振興協会および競技会主催者より新たな情報が公開された場合は、以後随時更新する。

北海道大会(2022年10月1日)
東北Ⅰ大会(2022年9月25日)
北陸大会(2022年9月23日)
中国大会(2022年8月28日)
関西Ⅱ大会(2022年7月10日)
東北Ⅱ大会(2022年6月26日)
中部Ⅱ大会(2022年5月22日)
中部Ⅰ大会(2022年5月3日)
九州Ⅰ大会(2022年4月3日)

RRC引退競走馬杯2022 障害馬術競技 実施要項&開催スケジュール/2022年9月30日情報更新

RRC 引退競走馬杯2022
北海道大会

-優勝-
笹沼和之&テントゥワン号
(ライディングクラブウインズ)

10月1日(土)、北海道地区乗馬大会2022(開催地:ノーザンホースパーク/北海道苫小牧市)にて、RRC引退競走馬杯2022 北海道大会(特別二段階走行競技 ※第1段階で過失があっても、第2段階を走行できるルール/90cm以下)が行われた。

出場31人馬のうち、クリアラウンド(第1段階・第2段階ともに減点0で走行を終えること)したのは5人馬。そのうち、一番時計の30.63秒(第2段階のタイム。以下同)をマークした笹沼和之&テントゥワン号(ライディングクラブウインズ)が見事に優勝を飾り、賞金50万円を獲得した。

続いて、山中竜馬&北叡号(北海道大学馬術部)が減点0、31.68秒で2位、黒須晴子&グローブシアター号(小山乗馬クラブ)が減点0、32.38秒で3位、丸山菜摘&スズカリバー号(モモセライディングファーム)が減点0、38.93秒で4位、八ツ田知久&ライラックカラー号(中島トニアシュタール)が減点0、44.02秒で5位に入った。

テントゥワン号(ライディングクラブウインズ)は北海道浦河町産のサラブレッド種(5歳セン馬)で、父はクロフネ、母はアピールポイント(母父アグネスタキオン)。2018年の北海道セレクションセールにて1,350万円で落札され、競走馬時代も同馬名で登録。競走成績は中央競馬で6戦未勝利、獲得賞金は70万円だった。